ADSLという通信方式

この通信方式は、電話回線を使ってインターネットをする方法です。

ADSLには大きく分けて、専用型とよばれるものと、
電話回線共有型という2種類に分かれます。
専用型は、今使っている電話回線とネット回線を分けて使うというものになります。
また、電話回線共有型は電話回線を使ってインターネットをするものになります。

この2つのうちよく使われているものは、電話回線共有型といわれるものです。

ADSLは光ファイバーよりも通信速度は遅いですが、
ニュースサイトを見たり、メールを確認するくらいでしたら、
まだADSLでも十分だと思います。
それにADSLのほうが光ファイバーよりも利用料金がお得ということもADSLのメリットになります。
ですから、光ファイバーがはやいと営業されても、
ニュースやメールのチェックしかしないというのであれば、
ADSLでも十分だと思います。

あと、インターネットに詳しくない人によくある疑問のひとつに『WiMAXとプロバイダー』の違いがわからないという疑問があります。
知っている方なら、わかって当然のことだと思いますが、
あまりネットに詳しくないとWiMAXとプロバイダーがそれぞれなんなのかわからないと思います。
WiMAXとプロバイダーは猫と犬くらい違うものです。
まずはプロバイダーの説明からしたいと思います。
プロバイダーというのはネットをするうえで必要不可欠のものになります。
よくある勘違いにネットはフレッツ光だけで使えると思っている人がいます。
ですがインターネットを使えるようになるためには、フレッツ光だけではなくて、
プロバイダーというところとも契約しなければならないのです。

次にWiMAXですが、WiMAXはUQコミュニケーションが運営しているネット通信になります。
WiMAXを利用することで、端末が使えるようになり、
これを使ってインターネットができるようになります。
端末は持ち運びしやすいため、外出先でもインターネットができるようになります。
ですので、WiMAXとプロバイダーは全く異なるというわけです。